カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「用語解説 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

アフィリエイトとは

まったくの初心者の方の中にはアフィリエイとと聞いても
何のことがわからない人もいらっしゃると思います。

どう言ったシステムなのか説明します。

通常のお店では
例えばケーキ屋さん

お店で作っているところもあるし、買って来て売るお店もありますね。
どちらにしても自分の商品をお店に並べて売ります。

インターネットでお店を出していたらどうでしょう。
お店の形態が違うだけで自分の商品をインターネット上に掲載して
独自で宣伝して売っていますね?

それではあなたがたまたま美味しいケーキ屋さんを見つけて
お友達に紹介したとします。
お友達がそのケーキ屋さんに言ってケーキを買いました。

あなたが紹介しなければそのケーキ屋さんは
お友達に買ってもらえなかったかもしれませんよね?
あなたはそのケーキ屋さんから割引券とかもらってもいいと思いませんか?

それをシステム化したものがアフィリエイとです。
どこかの商品を紹介してその会社から報酬をいただくシステムです。

なので自分が商品を購入しなくても売り上げ代金からいくらかの報酬が入るわけです。

どうしてこう言う事をするかと言うと

上のケーキ屋さんのお客さんはどういう人だと思いますか?

何らかの手段でそのお店を知る事が出来て
実際に買いに行ける人
知ってもらうためには営業を雇う、CM、その他の宣伝をしなくてはいけません。
その宣伝には多額のお金がかかります。
人でも手間もかかるかもしれません。
商品の開発や製造に差し障るかも知れませんね。

ネットショップならどうでしょう?
インターネットでお店を出すメリットは実店舗より多くの人に売れるチャンスがあることです。

上のケーキ屋さんの例ではケーキを買ってくれるのは実際お店に行く事が出来る人だけです。
近くに住んでいてもお店の営業時間に行けない人は買えません。

インターネットでお店を出せば遠くの人にも買ってもらえるし
営業時間外でも注文を受ける事ができます。
販売の機会が大きく拡大するのです。

でもインターネットの場合、デメリットが一つあります。
実際のお店なら目を引くようなお店作りをすれば
たまたま通りかかった人に買ってもらえるかも知れません。

インターネットにお店を出した場合、まだ有名でないうちは誰もそのお店の事を知りません。

そのためにどうするかと言うと

検索エンジンから検索されるように対策したり(SEOと呼ばれます)
ショッピングモールに登録したりしますよね?

要は露出するチャンネルを出来るだけ増やしたいわけです。

しかし出来たばかりのお店や商品を宣伝するのはお金も時間をかかります。

その点、アフィリエイとなら小額で導入でき、報酬も売れてから払うので
負担が少ないわけです。

インターネットでお金を稼ぐと言う場合
このアフィリエイとと言うのは切っても切り離せない事になります。
スポンサーサイト

お小遣い稼ぎ ブログランキングへ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。